日本では比較的早い時期から英語の教育が始まります。
世界各国でもこれほど早い時期から英語の教育が始まる国はあまり無いようです。

最近では、小学校から英語を習い始めているみたいですが…。

中学校から始まり、高校、大学と学習すれば10年となり、語学を10年も学習していれば話せると考えるのが普通です。
では、大学まで英語教育を受けた学生は英語をしゃべることができるのでしょうか?

残念ながらほとんどの学生は英語を話せないのが現状です。

実際にあなたの周りに大学まで英語教育を受けてきて英語を話せない人間がほとんどではないでしょうか?
私もその一人でした。(泣)

私の場合は中学校から英語の教育を受けて、高校受験で英語科目があり、さらに高校でも英語が必須の授業でした。
もちろん大学に入学する際にも英語は必須科目でしたので、受験対策としても高度な英文法を学習してきました。

なぜ、こんなに英語教育を受けてきたのに英語を話せないのか?これは私自ら感じる疑問です。

今までの教育を振り返ってみると、どの英語の先生も黒板を使い、机上のみの学習方法しか行っていませんでした。
面白い事に、修学旅行で英語の先生と一緒に居た時に、「外国人に話しかけてみて!」と、お願いしたら逃げられました。

「おいおい!英語が話せないし聞き取れない先生に私は英語を習っているのか?」と、愕然とした記憶が残っています。
現在の、英語の先生で、実際に英語を話せる人が、どれ位居るのでしょうか?

英語のテストで点数は取れるのに、実際は聞き取れないし話せない…。
これは、英語教育自体が間違っているのか、それとも、わざと、学んでも話せない様に巧妙に仕組まれたのかと思ってしまいます。

それは、外国人も知らない英単語を私が知っていたからです。
そんなWORDは、知らないし使わないというのです。

この経験は、一度や二度ではありません。
だから、中学英語が理解出来ていたら英語は話せるなんて良く言われるのでしょうか?

実際の教育現場というか、私達が学んで来た事は…。

しかし、幕末から明治にかけて、日本では英語ブームがあったらしく、バンバン、英語を話せる人が居たらしいのですが…。

それに、3ケ月も外国で住めば話せるようになるなんて聞いた事がありませんか?
この不思議な現象を誰も真剣に解明しようとしない事自体が不思議ですね。

東京オリンピックが開催されるまでに、日常会話位の英語はマスターしたいなと思っているのでした…。
では、どうするか???  ですね…。