DVD Flickが一番問題が無くDVDに出来た

せっかちな方は、こちらからダウンロード出来ます。

DVD Flick & v2 勝手に日本語化

まぁ、色々と試してみました。

かなりダウンロードして試してみました。

しかし、編集は出来てもその後の重要な操作は有料というものが多いですね。

更に、作成出来たとしても秒数が限られていて、それ以上は有料になったり、アプリのロゴが入っていたり…。

最初と最後にロゴが入る位なら良いけど、画面にずっと入っているなんて目障りですよね?(笑)

DVD Flickは書き込む為のImgBurnが同居しているので便利

変換した後、DVDプレイヤーやBDプレイヤーで再生出来るようにするには、DVDに焼かないとだめですよね?

DVD Flickは、そのままライティングソフトのImgBurnが連動しています。

mp4等のファイルをDVD用のファイルに変換→ImgBurnで焼くで、完結します。

元データを編集の為にタイトルやチャプターを追加する場合は、編集作業が必要です。(DVD Flickで行えます。)もちろん、DVDプレイヤーにセットして、そのまま再生というのも可能です。

DVD Flickの対応フォーマットは?

おそらく、mp4→dvdで検索して、当ブログにお越しいただいているので、問題は無いと思いますが、一応、以下にDVD Flickの対応フォーマットを掲載しておきます。

万が一、お持ちのデータが下の拡張子に該当しないのであれば、変換が出来ませんので、ご注意下さい。

  • 3GPP files (*.3gp, *3g2)
  • AVI files (*.avi)
  • AviSynth script files (*.avs)
  • DivX video files (*.divx)
  • Flash Video files (*.flv)
  • HD QuickTime files (*.hdmov)
  • MPEG video files (*.mpg, *.m2v, *.mpeg, *.mpv)
  • MPEG-2 Transport Stream files (*.ts)
  • MPEG-4 files (*.mp4, m4v)
  • Matroska files (*.mkv)
  • Motion-JPEG video files (*.mjpg)
  • NUT files (*.nut)
  • Nullsoft Video files (*.nsv)
  • QuickTime files (*.qt, *.mov)
  • RealMedia files (*.rm)
  • Smacker files (*.smk)
  • VOB files (*.vob)
  • Vorbis files (*.ogm)
  • Windows Media Video files (*.wmv, *.asf)

DVD Flick & v2 勝手に日本語化 DLページ

英語が苦手という人も問題ありません。

素晴らしい人が作成してくれています。

DVD Flick & v2 勝手に日本語化

自己責任でお願い致します。

ダウンロードタブを開いて下の方の右側のDownloadをクリックして下さい。

DVD Flick & v2 勝手に日本語化の注意事項

ダウンロード先に書いていますが、エラーを回避する為に、改めて記載しておきます。

英語版をインストールする必要はありません。

DVD Flickがインストール済みの環境でも、そのまま上書きインストールが可能です。

・DVD Flickインストール済みの環境において、上書きインストールをするとttfファイルのインストール部分にて3度インストールが停止する場合がありますが、無視を3度押すか、一度、アンインストールを行ってからインストールを行ってください。

上書きインストールよりは、アンインストール後にインストールする事が望ましいと思います。

環境に依って、インストールが3回も停止する場合がある様ですので、もし、既にDVD Flickをインストールしていたら、先にアンインストールしてから、DVD Flick &v2 勝手に日本語化ファイルをインストールしましょう。

インストールするには、ダウンロードしたファイルの中のdvdflick_setup_1.3.0.9_jp_r1.exeをクリックします。

DVD Flickを使ってみましょう。

起動させた後、上では無く、右側の一番上の「+タイトル追加」をクリックして動画を読み込むか、ドラッグ&ドロップで読み込ませます。

ここで、調べていてエラーが起こる人は、読み込むファイル名が日本語の場合がある様です。私にはエラーが起こらなかったのですが、万が一、エラーが起こる場合は、動画のファイル名をアルファベットに変えてみて下さい。

次に、読み込んだ各動画をクリックすると、下記の様なエディターが立ち上がります。

ここで、元データ以外のチャプターを追加したり簡単な編集を行う事が出来ます。

編集が終わったら(もしくは何もしない)、上の欄の「メニュー設定」をクリックします。

DVDをDVDプレイヤーに挿入して、直ぐに再生で良いのなら、この工程は必要ありません。

もし、クリックしてしまったら、一番上の「None」を選択して、適応をクリックしてエディターを閉じましょう。

メニュー設定をするかしないかの違い

繰り返しになりますが、メニュー設定を行わないと、DVDをDVDプレイヤーに挿入すると、直ぐに再生が始まります。ファイルが一つの場合で、キャプチャも無く、必ず最初から見る方には便利です。

しかし、複数の動画を入れていたり、チャプターを作成している場合は、メニューがあった方が便利です。

市販のDVDの様に、どの動画から見るかを選択する事が出来るようになります。

ただ、デザインは数種からしか選べません。

どうしてもオリジナルでという事であれば、画像やプログラミングの知識が必要ですので、ここでは割愛させて頂きます。

背面画像の置き換えなら、アプリ内にある画像ファイルを同じ名前で置き換えれば出来ると思いますが、詳しくない人は触らない様にしましょう。

DVD作成ボタンはDVDに焼く作業ではない

メニュー作成まで終えると、とうとう「DVD作成」ボタンをクリックします。

勘違いして欲しくないのは、この作業は、オーサリングと言って、DVDに書き込んで、DVDプレイヤーが再生出来るようにファイルを変換する作業です。

しかし、下記の様な画面が2回目以降、出る時があります。

これは、以前にDVD作成をクリックして変換されたファイルが入ったままになっているフォルダが存在するという事ですので、必要な場合はバックアップを行い、必要でない場合は、そのまま「はい」をクリックします。

ImgBurnの登場です!!!

ブランクのDVDをトレイに入れて読み込んで下さい。

その時に、Win10標準のエディターが立ち上がる時があります。

その場合は、「USB~~~。」ではなく、「家庭用DVD機器で再生できる様にする」方にチェックを入れて下さい。

さぁ、もう少しです。頑張りましょう!!!

上記の赤丸で囲んでいる「ファイル/フォルダをディスクに書き込む」をクリックしましょう。

次に、下の図の赤丸で囲ってある黄色いファイルの形を所をクリックします。すると、PC内のファイルを選択出来るようになります。

一応、先程の「DVD作成」でオーサリングしたファイルのある場所は

C¥USERS¥ユーザー名¥Documents¥dvd¥dvd の中にあると思いますので、もし、違うファイルの場所が開いていたら、上記のファイルの場所を参考にして探して下さい。

AUDIO_TSとVIDEO_TSの2つのファイルを選択する

DVDプレイヤーで再生出来るようにするには、isoファイルを書き込んだりする方法もありますが、ここでは、失敗の少ない方法を書かせて頂きます。

「どうして、DVDプレイヤーで再生出来るのか?」と、いう疑問は、ここでは置いて下さいね。

とにかく、AUDIO_TSとVIDEO_TSの2つのファイルを選択して読み込ませてください。

お疲れさまでした。後は待つだけです。

本当に、ご苦労様でした。

初めて取り組んだ方は、意外と時間が掛かったのではないでしょうか?

でも、大事な家族の動画や楽しい仲間との想い出の動画をDVDに焼いて大画面のTVで見るのは、幸せを感じる一時ですから、頑張れたのではないでしょうか?

先ずは、先に飛ばし読みで読んで実行していない人も、上から順番にやって頂ければ、何も難しい事はありません。

また、PCのスペックのせいで上手くいかなかったり、ファイルの場所が何処か解らなかったりと、色々とトラブルに合うかもしれませんが、頑張ってトライして下さいね。

では、最後です。これで作業は終わりです。

フォルダを2つ読み込ませている事を確認したら、左下の赤丸で囲ってある所をクリックしましょう。これで、DVDに焼く事が出来ます。

尚、画像の様に、フォルダとDVDの画像がカラーではない場合は、ブランクの(空の)DVDが入っていないか読み込めていませんので、確認して下さい。

まとめ

本当にお疲れさまでした。

今迄、色んなフリーソフトを使ってみましたが、これが一番簡単で、エラーが少なく、大事な所で、「出来ない」→「やりたければ課金しなさい」と、いう目に合ってガッカリする事もないので、楽しくDVD作成が出来るのではないかと思います。

また、動画編集ソフトで先に動画を編集しておいてから、こちらのオーサリング(変換)とバーナー(焼く)を最小限の機能だけで行えば、そんなにストレスも無いと思いますので、是非、挑戦して下さいね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

あなたのお役に立てたのなら嬉しいです。